【悲劇】京アニショック

2019年7月20日

ただただ悲しいです。

悲しいですが、さすがにこのニュースは取り上げられずにはいられませんでしょう。

スポンサーリンク


「京都アニメーション」に放火の疑い、死者33人に

京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日朝、放火とみられる火災が発生しました。京都市消防局によると、朝の時点では1人死亡と報道されていましたが、同日夜までに33人の死亡が確認されたそうです。。

ちなみに、出火当時の建物内には約70人がいたそうなので、約半数の方が犠牲になってしまったことになります。

当局の調べによると、亡くなった33人のうち、男性が12人、女性が20人で1人は性別が分からないほど焼け焦げてしまったのだといいます。。。むごすぎる。。

複数の国内報道によると今現在でも、このほかにも重症10人、中等症6人、軽症20人の負傷者が出ているほか、まだ数人の安否が確認できていないそうです。

犯人は?動機は?

この大火災は午前10時半ごろ、京アニスタジオ発生しました。気になる犯人と思しき41歳の男が京都アニメーションに侵入し、「死ね」などと言いながら、ガソリンのような液体をまいて火をつけたそうです。

現場から逃走した男は警察に身柄を確保され、自らも手足にけがを負っていたため病院に運ばれたそうです。京都アニメーションのスタッフに追いかけられていたという情報もありますが、真偽は定かではありません。

現場から逃げて住宅街の路上で倒れた男が警官に確保される際、「パクリやがって」などと言ったという国内報道もあるそうです。

報道によると、警察は現場で複数の刃物を発見し、また出火前に現場近くのガソリンスタンドでガソリン40リットルを購入した男がいたと伝えられています。

 

悲惨な火災現場の様子

 

An aerial view shows firefighters battling the fires at Kyoto Animation Co

こちらがその火災の消火活動の様子です。真っ黒焦げですね・・・これはひどい。
「京都アニメーション」は3階建ての鉄筋構造のビルディングでした。
報道
によると、京都アニメーションの八田英明社長は報道陣の取材に答え、「会社に対する抗議は日常的にとは言わないですが、少なくはなかった。特に死ねとか、殺人メールがあった」と明らかにしました。今回の犯人もこのような犯行メールを送っていた差出人のうちのひとりかもしれませんね。。。また、捜査関係者によると、これまで京都アニメーションのウェブサイトに脅迫するような内容の書き込みがあり届け出を受けた警察が捜査していたそうです。警察は一体何を捜査していたのですかね・・・。
もっと力を入れて捜査をしていればこのような事件を未然に防げたのでは・・・?

筆者はますます警察に対して『この、税金泥棒が!!!仕事しろ!!!』という憤りをますます強く抱くようなった次第です。

 

burned building
こちらが鎮火後の京アニの様子。ちなみに火の鎮圧には5時間もかかったそうです。

 

おわりに

僕はこれからどんな顔をして京アニのアニメを見ればよいのでしょう。。。

けいおん・・・

クラナド・・・

たまこマーケット・・・

聲の形・・・

響けユーフォニアム・・・

そして私NoWayのMy favorite ANIMEであるフルメタル・パニック!・・・

 

名作いっぱいですね。。。本当に。。。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

※ちなみにサムネはただの憶測です。以下のページより引用させていただきました。

https://mizharu.com/breakingnews/4653/

スポンサーリンク