【NoWayEnglish】can

2021年2月24日

皆さんこんにちは!

NoWayです!

本日も英文法の勉強をやっていきましょう!

今日のテーマはcanです。え、なになに?英語学習が途方もなさすぎて心が折れそう?

大丈夫ですよ!人間誰だって、やぁれぇばぁ・・・・・・

できるっっっっ!!!!!

さぁ、参りましょう。(ちなみにティモンディ高岸さんは私と同世代です。霜降り明星と並ぶ同世代芸人の星ですね。ネタはアレですけどw)

スポンサーリンク


第8回:canを会得すると書けるようになる例文

【canを会得すると書けるようになる例文

1:私は上手に野球ができる。
→ I can play baseball well.

2:あなたのPCを使ってもいいですか。 / ごめんなさい、ロックがかかっています。
→ Can I use your PC?  / Sorry, it is locked. 

3:希望日程を出してくれますか。 / わかりました。
→ Can you give me the preferred day?  / All right. 

canとは

canは動詞の原形とセットで使い、動詞に「できる」の意味を付け加えます。
canのように動詞とセットで使って意味を付け加える単語を助動詞と言います。

肯定文

主語 + can + 動詞の原形 + ・・・. 

※canは必ず動詞の原形とともに用いるので注意!

例えば、

エミリはピアノを弾く。 → エミリはピアノを弾くことができる。
Emily plays the piano. → Emily can play the piano.
※canの後は動詞の原形なので三人称単数のsはつきません!

使用例

・私はとても上手にカバディができます。
→ I can kabaddi very well.

・越前リョーマはテニヌをすることができます。
→ Ryoma Echizen can play tenninu.

私達はロデオマシンに乗ることができます。
→ We can ride rodeo machine .

・彼はどこでも眠ることができます
→ He can sleep anywhere.

・あなたはここで泳ぐことができます。
→ You can swim here.

疑問文

canの文を疑問文は、canを文頭に出します。
Can + 主語 + 動詞の原形 + ・・・?

例えば、

エミは英語喋れる → エミは英語喋れるの?
(肯定文)Emi can speak English. → (疑問文)Can Emi speak English?
【答え方】
Yes, she can. No, she can’t.
can, can’tを使って答えます。 答えでは主語は代名詞になります。

使用例

・ここでスキーができますか。 / はい、できます。
→ Can we ski here? /  Yes, you can.

・マイクはギターが弾けますか。 / いいえ、弾けません。
→ Can Mike play the guitar?  / No, he can’t.

・ここで一年中泳げますか。 / はい、泳げます。
→ Can we swim here all year round?  / Yes, you can.

・あの橋が見えますか。 / いいえ、見えません。
→ Can you see that bridge?  / No, I can’t.

否定文

canの文の否定文ではcannot(can’t)を使う
主語 + cannot(can’t) + 動詞の原形 + ・・・.

例えば

トムは飯作れる → トムは飯作れない
(肯定文)Tom can make lunch. → (否定文)Tom can’t make lunch.

使用例

・彼は青空を見ることができない。
→ He cannot see the blue sky.

・わたしは今夜は眠ることができません
→ I cannot sleep tonight.

・私達はここでは自転車に乗ることができない。
→ We can’t ride bikes here.

・私は上手にスキーができません。
→ I can’t ski well.

・しかし、私にはまったく国境が見えません。
→ But I can’t see any borders.

Can I ∼?とCan you ∼?

Can I ∼?(許可)

相手に許可を求める。 「∼してもいいですか。」の意味になります。

例えば
Can I use this pen? このペンを使ってもいいですか
【答え方】
許可するときは Sure.(またはOK.やOf course.)
許可しないとき Sorry,+ 理由.

使用例

・窓を開けてもいいですか。いいですよ。
→ Can I open the window? Sure.

・あなたの自転車を使ってもいいですか。 ごめんなさい、弟が使っています。
→ Can I use your bike? Sorry, my brother is using it.

・ここで写真をとってもいいですか。はい、もちろん。
→ Can I take a picture here? Yes, of course.

Can you ∼?(依頼)

相手に依頼する。 「∼してくれませんか。」の意味になります。

例えば、
Can you open the door? ドアを開けてくれませんか。
【答え方】
依頼を受けるとき Sure.(またはOK.やOf course.)
拒否するとき Sorry, + 理由.

※Can you ∼?で依頼するのは Please+命令文よりより丁寧な言い方です。関係が浅いうちはなるべくこちらの表現を使うようにしましょう!
( Please+命令についてはこちらもご参照ください。)

使用例

・テーブルの準備をしてくれますか。 わかりました。
→ Can you set the table? All right.

・これを私に読んでくれませんか。 いいですよ。
→ Can you read this for me? Sure.

・私の宿題を手伝ってくれませんか。ごめんなさい、できません。夕食を作っています。
→Can you help me with my homework? Sorry, I can’t. I’m making dinner.

スポンサーリンク