【引退】イチロー引退

ーついにこの時を迎えた。

スポンサーリンク


イチロー引退

日米通算4367安打を放ち、数々の金字塔を打ち立てた米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)=本名鈴木一朗=が2019年3月21日、東京ドームでのアスレチックス戦終了後、現役引退を表明した。

深夜に隣接するホテルでユニホーム姿のまま記者会見に臨み、「最後にこのユニホームを着て、この日を迎えられたことは大変幸せ。きょうの(盛り上がった)球場での出来事、あれを見せられたら後悔などあろうはずがない」と晴れ晴れとした表情で語った。

イチロー選手は説明するまでもなく、高校卒業後に入団したオリックスでの9年間で大活躍した後、アメリカへ渡り、大リーガーとしても18年間、記録と記憶に残る大活躍をした。

1年目には日本人として初めての首位打者、盗塁王に輝き、新人王にも選ばれた。

その後は長い大リーグの歴史のなかで誰も成し得なかったシーズン「262」の最多安打、「10年連続200安打」のメジャー記録を打ち立てた。これまで大リーグで3089安打を放ち、「50歳まで現役でいたい」と常々口にされていたが、惜しくも45歳での引退となった。

私も野球人の端くれだったのでイチローの活躍は常に追いかけてきたが、やはり寂しいものである。

スポンサーリンク