【MLB】注目選手紹介~ア・リーグ投手編~

2020年9月26日

みなさんこんにちは!

永遠の野球少年、NoWayです!

いよいよ暦も4月を迎え、本格的に球春を迎えようとしている今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうでしょうか?

今回は私のインスタグラムのアカウントより、

『野球に興味があるのでMLB特集をぜひ組んでください』というリクエストをいただきましたので、今回はこの記事で行きましょう!それでは参りましょう!IT IS ゴーーーーーーンヌ!!!!

スポンサーリンク


MLB注目選手特集!!この選手から目が離せない!?

イチロー選手が引退したことにより(下記記事参照)、今年は一段と日本でも注目が高まっているMLB。

【引退】イチロー引退

当ブログでは、今年MLBで活躍するであろう注目選手を、私NoWayの独断と偏見で3名ピックアップし、紹介する記事を各リーグ毎に投手、野手に分けて4回分割でお届けいたします!

記念すべき第一回はア・リーグ(アメリカンリーグ)の注目投手特集です!

ア・リーグ注目投手

菊池雄星(シアトルマリナーズ)

プロフィール
国籍日本の旗 日本
出身地岩手県盛岡市
生年月日1991年6月17日(27歳)
身長
体重
182.9 cm
88 kg
選手情報
投球・打席左投左打
ポジション投手
プロ入り2009年 ドラフト1位
初出場NPB / 2011年6月12日
MLB / 2019年3月21日
年俸$9,500,000(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • 花巻東高等学校
  • 埼玉西武ライオンズ (2010 – 2018)
  • シアトル・マリナーズ (2019 – )

まずはこの人!埼玉西武ライオンズよりマリナーズに入団した菊池雄星投手です!

【菊池雄星のここがすごい!】

なんといっても今現在、日本記録になっている日本人左腕最速のMAX158km/h の剛速球ですね!

このストレートを軸にスライダーチェンジアップなどの決め球を駆使し、日本で以下のような輝かしい成績を収めてきました。

~獲得タイトル~

最多勝:1回 (2017年)

最優秀防御率:1回 (2017年)

表彰~

ベストナイン:2回 (投手部門:2017年、2018年)

ゴールデングラブ賞:1回 (投手部門:2017年)

「ジョージア魂」賞:1回 (2013年度第4回)

セ・パ交流戦 日本生命賞:1回 (2015年)

最優秀バッテリー賞:1回 (2017年、捕手:炭谷銀仁朗)

月間MVP:1回 (投手部門:2017年9月)

これらの実績を踏まえて本人の高校生の頃からの夢舞台であるMLBの舞台でどれだけ通用するのか注目ですね!!!

アロルディス・チャップマン(ニューヨークヤンキース)

プロフィール
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 キューバ
オルギン州オルギン
生年月日1988年2月28日(31歳)
身長
体重
193 cm
96.2 kg
選手情報
投球・打席左投左打
ポジション投手
プロ入り2010年 アマチュア・フリーエージェントとしてシンシナティ・レッズと契約
初出場2010年8月31日 ミルウォーキー・ブルワーズ戦
年俸$17,200,000 (2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • サブエソス・デ・オルギン
  • シンシナティ・レッズ (2010 – 2015)
  • ニューヨーク・ヤンキース (2016)
  • シカゴ・カブス (2016)
  • ニューヨーク・ヤンキース (2017 – )
国際大会
代表チームキューバの旗 キューバ
WBC2009年

2人目はこの人!アロルディス・チャップマン選手です。迫力がありますね。

【アロルディス・チャップマンのここがすごい!】

この人を説明するのはとても簡単です。

なぜかって?この人、世界で一番速い球投げる人なんです。

その球速、169.1 km/h。

速すぎですねwこの記録は世界で最も速い速球としてギネス記録に認定されたんです!

この人の場合、百聞は一見に如かずという言葉が一番しっくりきます。この人が投げる鬼速球をぜひご覧になってみてください。

いいですか、これが世界最速です。↓

こんなの、打席立ちたくないですよねwww

チャップマン投手はいまや、ヤンキースの絶対的守護神として君臨しています。この世界最速記録を更新することはあるのでしょうか!?要注目ですね!

ジャスティン・バーランダー(ヒューストンアストロズ)

プロフィール
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地バージニア州グーチランド郡マナキンサボット
生年月日1983年2月20日(36歳)
身長
体重
195.6 cm
102.1 kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション投手
プロ入り2004年 MLBドラフト1巡目(全体2位)でデトロイト・タイガースから指名
初出場2005年7月4日
年俸$28,000,000(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • グーチランド高等学校
  • オールド・ドミニオン大学(英語版)
  • デトロイト・タイガース (2005 – 2017)
  • ヒューストン・アストロズ (2017 – )
国際大会
代表チームアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

トリを飾るのはやっぱりこの人!いわずも知れた世界最強投手、ジャスティンバーランダー投手です。

【ジャスティン・バーランダーのここがすごい!】

この人はまず通算成績を見てみましょう。

~通算成績~

防御率:3.39

勝:204

負:123

奪三振:2706

これだけ見ても十分に輝かしい成績なのですが、この人の何がすごいって、球種がストレートとカーブしかないんです!!!

世界中の猛者たちが集まるMLBにおいて純粋な球の力だけで打者を圧倒しているんですね!!!

MLBの実況のごとくファストボール(速球)かブレーキングボール(変化球)しかないという究極のシンプルイズベストピッチャーなんですね!

このシンプルな投球で打者を圧倒する様は、まさに”世界最強の投手”といったところでしょうか。

しかも昨年、この投球スタイルでア・リーグ最多奪三振を受賞しているんです!!!(290奪三振)

しかも去年で35歳だというからまた驚きです。。。

36歳を迎える今年でもまだまだ第一線で戦い続けているバーランダー投手の活躍に今後も要注目ですね!

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は私の好みでピックアップをさせていただきましたが、これらの他にもすごいピッチャーはたくさんいます!!!ぜひ、日本人メジャーリーガーだけでなく、本場の世界トップレベルの選手にも注目してみてください!!

次回は~ア・リーグ野手編~をお届けします。お楽しみに!

 

 

スポンサーリンク