【MLB】注目選手紹介~ナ・リーグ投手編~

2020年9月26日

みなさんこんにちは!

なんjは見る専門、NoWayです!

この企画もいよいよ折り返しですね!

前置きは何も思い浮かばなかったのでさっさと参りましょう!IT IS ゴーーーーーーンヌ!!!!

スポンサーリンク


MLB注目選手特集!!この選手から目が離せない!?

イチロー選手が引退したことにより(下記記事参照)、今年は一段と日本でも注目が高まっているMLB。

【引退】イチロー引退

当ブログでは、今年MLBで活躍するであろう注目選手を、私NoWayの独断と偏見で3名ピックアップし、紹介する記事を各リーグ毎に投手、野手に分けて4回分割でお届けいたします!

第三回はナ・リーグ(ナショナルリーグ)の注目投手特集です!

ナ・リーグ注目投手

前田健太(ロサンゼルスドジャース)

まずはこの人!ドジャースの前田健太投手です!

プロフィール
国籍日本の旗 日本
出身地大阪府泉北郡忠岡町
生年月日1988年4月11日(30歳)
身長
体重
185.4 cm
83.5 kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション投手
プロ入り2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場NPB / 2008年4月5日
MLB / 2016年4月6日
年俸$3,125,000(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • PL学園高等学校
  • 広島東洋カープ (2007 – 2015)
  • ロサンゼルス・ドジャース (2016 – )
国際大会
代表チーム日本の旗 日本
WBC2013年
プレミア122015年

【前田健太のここがすごい!】

この人の長所はなんといっても、コントロールの良さと変化球のキレですね!また日本人唯一の2年連続ワールドシリーズ(世界一を決めるプレーオフの大詰め。以下WS)で登板した投手なんですね!

もちろんピッチャーの基本であり生命線であるストレートの威力も十分。常時140キロ後半~150キロ前半のスピードを誇ります。そしてそのストレートを軸に伝家の宝刀スライダー(縦横2種類)を決め球として駆使し、打者をきりきり舞いにしています。

今シーズンも日本人で最も早く2勝目をマークし、早くも勝利の量産体制にはいっています。

また、昨年のWSではリリーフ投手として登板したように、先発投手、リリーフ投手どちらでも何不自由なく投げられるのも前田投手の強みでもあります!!

・・・本人は先発に強いこだわりがあるようですがw

ダルビッシュ有(シカゴカブス)

2人目はこの人!Twitterでの論破大好き、ダルビッシュ有投手です。

プロフィール
国籍日本の旗 日本
出身地大阪府羽曳野市
生年月日1986年8月16日(32歳)
身長
体重
195.6 cm
99.8 kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション投手
プロ入り2004年 ドラフト1巡目
初出場NPB / 2005年6月15日
MLB / 2012年4月9日
年俸$20,000,000(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • 東北高等学校
  • 北海道日本ハムファイターズ (2005 – 2011)
  • テキサス・レンジャーズ (2012 – 2017)
  • ロサンゼルス・ドジャース (2017)
  • シカゴ・カブス (2018 – )
国際大会
代表チーム日本の旗 日本
五輪2008年
WBC2009年

【ダルビッシュ有のここがすごい!】

この人の長所を訊かれて真っ先に思い浮かぶのはまずは卓越した投球技術だと思います。
変化球の多さは、MLBの中でもトップレベルではないでしょうか?

ここでダルビッシュ投手の持ち球について見てみましょう

球種投球割合平均球速
mph (kph)
水平変化
in (cm)
垂直変化
in (cm)
空振り率
フォーシーム34 %94 (151)-3 (-8)10 (25)10 %
スライダー22 %83 (132)9 (23)-2 (-5)19 %
カッター15 %90 (144)2 (5) 5 (13)14 %
ツーシーム[162]14 %94 (151)-8 (-20) 6 (15) 8 %
カーブ 7 %78 (126)7 (18)-7 (-18)20 %
スローカーブ 4 %70 (113)8 (20)-10 (-25)12 %
スプリット 2 %89 (143)-5 (-13) 3 (8)20 %
チェンジアップ 2 %88 (142)-6 (-15) 5 (13)12 %

(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E6%9C%89)

確かにこれだけの球種があったらバッターも見極めるのが大変でしょう。

しかも、これらの球種すべてがメジャーの各打者から一級品と賞されているのですから驚きです。

さらに調子のいい時はこれらの球種すべてが決め球となってしまいますので、打者が狙い球を絞ることができません。
しかも同じ球種でも球速を変えてきたり変化の大小を変えてきたりする器用さもダルビッシュ投手は兼ね備えているのです。

WBCの時に楽天の田中がその投球術を教えてもらったらしく、とても勉強になったって言っていたのがとても印象的でした。
人に教えられるほど客観的に自分の中でとらえていて、とてもクレバーな投手であり、とても頭のいい勤勉な人間であるということも推察できます。

それに身体能力も高いです。
私NoWayも実際に球場で見たことがあるですが、とても体が大きくて、あの高さから投げ込まれるとまず打てないだろ、と思いました。

その圧巻の投球術を見てみましょう↓

クレイトン・カーショー(ロサンゼルスドジャース)

プロフィール
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地テキサス州ダラス
生年月日1988年3月19日(31歳)
身長
体重
193 cm
102.1 kg
選手情報
投球・打席左投左打
ポジション投手
プロ入り2006年 ドラフト1巡目(全体7位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場2008年5月25日 セントルイス・カージナルス戦
年俸$31,000,000(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • ハイランドパーク高等学校
  • ロサンゼルス・ドジャース (2008 – )

今回のトリを飾るのはやっぱりこの人!ナ・リーグを代表する投手さらに言えば世界最強左腕投手と言っても過言でない、クレイトンカーショー投手です。

【クレイトン・カーショーのここがすごい!】

「Cut4」は「クレイトン・カーショーがカーブを投げ、エリック・クラッツにとっては全くもって手に負えなかった」とのタイトルで、このカーブについて取り上げた。

「野球の試合を見ている間、メジャーリーグの投手相手に打席で自分がどのようになるだろうかと思ったことが多分あるだろう。ボールをインプレーにできるだろうか? コンタクトさせることさえ、どのくらい難しいのだろうか? 少なくとも恥ずかしい思いをせずにすむだろうか?」

こう投げかけた上で、「ナショナル・リーグ優勝決定シリーズ第5戦の4回でクレイトン・カーショーがエリック・クラッツに投げたカーブのおかげで、メジャーリーグの投手相手にどのようになるかという現実的なイメージが持てたかもしれない。評決は、素晴らしくない」と結論づけている。

30歳にしてサイ・ヤング賞3度(日本でいう沢村賞)MVP1度最優秀防御率5度最多勝3度奪三振王3度など偉大なキャリアを誇る最強左腕。近年は故障で苦しむシーズンもあるが、かつては苦手とされていたポストシーズンでの大一番で輝きを放った。

「Cut4」は「ここ10年間カーショーが球界最高の投手であることには理由がある。そして、それは彼のカーブによるところが大きい。クラッツはその球に泳がされた最初の打者ではないし、最後の打者にもならないだろう」と言及。今後も多くの打者がこのカーブの“餌食”になると予想している。

これを見ていただくと十分にわかるとおもいますが輝かしい実績を残してきているんですね。この人の代名詞といえば、凄まじいキレをもったカーブしかないですね!!!

もちろん、ストレートの威力十分であるし、すべての球種をストライクゾーンの四隅に完璧に投げ分けるコントロールの良さも兼ね備えています。

また、投手は9人目の野手とよく言いますが、カーショー投手はフィールディングもとてもうまいんです!おまけにけん制もうまいという・・・もう本当に欠点らしい欠点が見つかりません。

まさにピッチャーの理想形そのものなんですね!

さっそく、その投球を見てみましょう!

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は私の好みでピックアップをさせていただきましたが、これらの他にもすごいピッチャーはたくさんいます!!!ぜひ、日本人メジャーリーガーだけでなく、本場の世界トップレベルの選手にも注目してみてください!!

次回は最終回~ナ・リーグ野手編~をお届けします。お楽しみに!

 

 

スポンサーリンク