【仕事で使う?英語術】appointment&reservation

2020年9月26日

みなさんこんにちは!

本日も13:00に起きた、ぐうたらブロガー、NoWayです!

起きたらまずはじめにやることは・・・そう!英語の勉強ですね!!

GW、家でゆっくり過ごされているそこのアナタ、当ブログを見ながらで構いません!ちゃっかり英語の勉強もついでにしちゃいましょう!それでは参りましょう・・・ヒェアウィゴッ!!!

スポンサーリンク


Word11:appointment&reservation

 

appointment~=~を予約する

reservation~=~を予約する

どちらも予約するという意味で使われる言葉ですね。

この2つは以下のように使い分けます。

 

appointment

⇒ 時間と場所を決めて、何らかの目的で誰かと会う時

reservation

⇒ 座席や場所をキープする時

使い分けに注意ですね!

例えば

①I have an appointment with my doctor.

→お医者さんの予約をとってあります。(病院の予約は、appointmentが適切です。)

②I’d like to make a reservation for 2.

→2人で予約をしたいのですが。(レストランの予約はreservationが適切です。)

 

以上で今日のお勉強を終了します!

 

予告

ここで1点予告です!

最近、このブログに携わるようになってから、様々なSNSで外国の方と英語でやり取りする機会が増えてきており、当ブログに遊びに来てくれる外国の方が増えてきています!本当にありがとうございます!

しかし、そんな外国の方がが口々に仰るのは、”このブログの記事が日本語しかなく、言ってることが分からないです。英語版はありませんか?”

というクレームでした・・・

 

このままではいかん!と思い、当ブログは今後、世界中の大多数の人々が、当ブログを永続的に利用してくれるようになるため、英語をはじめとしたマルチリンガル対応機能をつける
または、英語圏の方々に要んでいただけるような姉妹サイト、”アデイン for English(仮)”なるサイトを、作成する等、ワールドワイドなサイトに進化します!
近日中に、現状は5月中を目標にサイトをリニューアルする予定なので、皆さまお楽しみに!!!
今後もアデインのご愛顧の程、宜しくお願い致します。
NoWay,CaJoh

スポンサーリンク