【反戦】とある岡山の昔話

2020年9月26日

みなさんこんにちは!

第一級情報拡散士、NoWayです!(?)

今回は嬉しいニュースが入ってきましたので、皆さんにご報告いたします!

スポンサーリンク


当ブログで紹介したお友達のブログがアメブロアクセス数トップ10入り!!

以前ご紹介したこちらの記事

【考察記事】放射能デトックス

こちらの記事の情報提供者である、ターちゃんさんが運営している

”haluさんのブログ”がなんと

1日に3782ものアクセスがあり、アメーバブログのアクセスランキングに初のTOP10入りを果たしたそうです!!!

 

さらにここ最近は連日1000アクセスを安定して突破するようになったそうです!!

これはめでたいですね!!ブログ仲間としてこの快挙に尽力できたことを誇りに思います!

今後益々の繁栄を祈念して、今回もhaluブログ様の記事を1点ご紹介します!

私の故郷の昔話

私が岡山県の出身だと言うのは、古い読者の方なら御存知かと思います。
何回か、桃太郎さんシリーズを書いた事がありますから…
調べる気になれば、相当詳しく細かい所まで調べられる。
ブログを書いている以上、プライベートな個人情報はだだ漏れとは思いつつも、
極力、余り個人を特定出来る事は避けて来たのですが、今回だけは出身を明かさない訳にはいかないだろう。
モロに私の出身地の話しなのだから…

私の出身地、岡山県上房郡の話しです。
創作物語りだそうですが、子供の時だろうか??  どこかで、なんか聞いた記憶があるような気がするのです…

岡山県と言うように、山と岡(おか=丘)ばかりで、平野はほとんどありません。
山間の盆地に僅かに平らな所があるような、そんな田舎町。
武蔵野に来て、私が奇異に思ったのは
なんで田んぼに木が生えているんだ?
木は山に生えるもんだろう?
みたいな…ど田舎の人です。
そんな所で、70年前に起きたとされている戦時中の話しです。

岡山県上房郡   五月の村に、時ならぬエンジン音がこだました。
運転するのは憲兵下士官
サイドカーには憲兵大尉
行き先は村役場
いしょうた
威丈高に怒鳴る大尉の前に、村長と徴兵係とが土下座していた。
【貴様らっ!  責任をどう取るか!】
老村長の額から首筋に脂汗が浮き、
徴兵係は断末魔のように痙攣した。

大尉は2人の案内で一軒の家に入った。
【川上総一の父親は貴様か! この国賊めがー!】

父にも母にも祖父にも、何の事か解らなかった。
やっと理解出来た時、三人は  その場に崩れた。
総一は入隊後1ヶ月で脱走したのだ。
連隊捜索の3日間を過ぎて、事件は憲兵隊に移された。
憲兵の捜査網は2日目に彼を追い詰めた。
断崖から身を躍らせて、総一は自殺した。

勝ち誇った憲兵大尉が、全員を睨み回して
怒鳴った。
【貴様!どう始末して天皇陛下にお詫びするのかー】
不安げに覗き込む村人を、じろりと睨んだ大尉が一喝した。
【貴様らも同罪だ!】
戦慄は村中を突き抜けて走った。

翌朝、村の青年団総出の作業が始まった。
裏山から切り出された孟宗竹で、家の周囲を竹矢来が組まれた。
その外側に掛けられた大きな木札には、
墨痕鮮やかに  国賊の家

【あの子に罪ゃ無ぇー    兵隊には向かん優しい子に育ててしもうた   うちが悪かったんじゃ~】
母親の頬を涙が濡らした。
【わしぁ~、長生きし過ぎた。戦争せぇ起こらなんだら、乙種の男まで兵隊に取られるこたぁなかった。】
日露戦争に参加した祖父が嘆いた。

【これじゃぁ 、 わしぁ~学校に行けんがなぁー】
当惑する弟の昭二に母は答えられんかった
【友達も迎えに来るけん…】
父親が呻くように言った。
【お前にゃあ、もう学校も友達もねぇ。
わしらには、村も国も無うなった。】
納得しない昭二が竹矢来に近ずいた時、
昨日までの親友が投げる石つぶてが飛んだ
【国賊の子! !】
女の先生が、顔を伏せて去った。

村役場で歓待を受けていた大尉は
竹矢来の完成と報告に満足していた。
【ヨシ!帰るぞ! お前ら田舎者は知るまいから、俺が書いておいてやった。
後は本人の署名だけじゃ。】
彼は一枚の便箋を渡して、引き揚げた。
大尉の残した便箋は、村長を蒼白な石像に変えた。
石像は夜更けに、竹矢来を訪れた。

3日後、一家の死が確認された。
昭二少年の首には、母の藍の正絹の帯揚げ
梁(はり)に下った大人三人の中央は父親。
大きく見開かれたままの彼の眼は、
欄間に掛けられた天皇・皇后の写真を凝視していた。
足元に置かれた便箋の遺書には、
【不忠の子を育てました罪、一家一族の死を以て、天皇陛下にお詫び申し上げます】

村長は戸籍抄本を焼却処分した。
村には不忠の非国民は居なかった…

これねぇ…、創作物となっているけども
本当に日本全国で、あったんじゃ~ないのかなぁ~?
私にはリアルに思えるんですよ。
ここ何年かTVを見てないので、良く知らないのですが…
最近、可愛い、やさ男が朝の食卓の時に
母さん!俺、自衛隊に行くよ。…
みたいなCMを最近は流しているのかい?
そんな甘いもんじゃないと思うぞ!
自衛隊内でのいじめとか体罰の写真が流出してるんだけどなぁ~

息子をこうしたい親は居ないよね(>_<。)



こんなの嫌でしょう…

おわりに

なんだか・・・とても悲しく、そして考えさせられるお話でしたね。

令和の世は、激動の世になると世間では言われていますが、昭和の世を精一杯生きた方々の教訓を生かし、平和な世の中を持続させなければならないですな。

この他にも、たくさんの興味深い記事がこのブログにはあるので、是非皆さんアクセスの程宜しくお願い致します。

 

https://ameblo.jp/halutakan0/

 

ちなみに、僕も平和主義者なので、戦争は大っ嫌いです。

CODも嫌いです。荒野行動も嫌いです。何であんな人を殺しあってゲラゲラ笑ってられるのか私には全く理解できません。

今後、あの手のゲームの影響で過激な思想が世論とならないことを祈るばかりです。

こんな様に皆が仲良く並んで四股踏めるような世の中を私たちで作っていきましょう!

 

 

スポンサーリンク