【便利】”ねこめ”こと”winshot”をみんなも使ってみよう!

お久しぶりです!

喘息気味のひどい咳で絶賛大爆死中の病弱ブロガーNoWayです。。。

ガチで咳がひどいので、夜な夜な咳で目が覚めてしまい、ここ最近まともに眠れていません・・・

このブログをご覧になっている皆さんで、

効果的な咳対策をご存知の方は是非コメント欄にて教えてください(切実)

さ、泣き言はこのぐらいにして本題に参りましょう。ヒェ・・ゴホッ!!!ゴホッ!!!ゴホッ!!!ゴホッ!!!ゴホッ!!!

スポンサーリンク


仕事でも使える!便利ソフトウェア”winshot”

今回はこの便利ソフトをご紹介。

通称”ねこめ”ことWinshotです。

このソフトは、何がそんなにいいのかというと

画面に映っているものを四角形に囲んで、囲んだ範囲を新しい画像として切り出せるスクリーンショット機能が最も使いやすいフリーソフトウェア

というわけです!

この機能を使えば、会社などでマニュアルを作らなくてはならなくなった際に、画面の一部をそのまま切り取れるので、簡単に画像付きの高クオリティのマニュアルを作れるようになります!

こんな場面をはじめ、様々なシーンで役に立つこと間違いなしなので、さっそくDL方法と使い方をレクチャーしていきましょう!

もちろん、完全無料ですよ!

「WinShot」をダウンロードしてみましょう!

まずは”winshot インストール”と検索してみましょう!

そうすると、一番上に出てくるであろう下記のサイトより、winshotをダウンロードしましょう!

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/winshot/

 

WinShotの簡単な使い方

インストール不要なので圧縮ファイルを解凍して、実行ファイルをクリックするだけですぐ使えます。まず、WinShotを起動します。すると、タスクトレイにWinShotのアイコンが表示されます。

そして、そのアイコンを右クリックし、「JPEG保存」や「Bitmap保存」→保存する範囲を選択するだけで、簡単にスクリーンキャプチャすることができます。

WinShot.png

こんなかんじで、「短形範囲指定」を選択すると自分がキャプチャしたい範囲だけを保存できるのでとても便利です。

WinShot1.png

上から6番目の”保存先フォルダ”を設定すれば、キャプチャした画像が設定したフォルダに自動で保存されます!これで、便利なキャプチャソフトを使う体制が完全に整いました!

WinShot.png

皆さん、是非つかってみてください!

スポンサーリンク