【快挙】吉田輝星、プロ初登板初勝利

2020年9月26日

みなさんこんにちは!

今日はこの試合を見るために定時バックを決め込んで、ダッシュで帰ったやきう民ブロガー、NoWayです!猛ダッシュで帰ったからこりゃ0.01キロぐらい痩せましたねw

さてさて、快挙です!

スポンサーリンク


吉田輝星、プロ初登板初勝利!!

<日本ハム2-1広島>◇12日@札幌ドーム

日本ハムのドラフト1位、吉田輝星投手(18)がプロ初登板初先発で5回1失点の成績で初勝利を飾りました!

高卒ルーキーの初登板初勝利はドラフト制以降、2015年の楽天安楽以来4年ぶり19人目の快挙でした!

内容を振り返ると序盤こそは1回にいきなり30球を投げるなど不安定でしたが、吉田投手の持ち味である直球主体の強気に押して打者を圧倒するピッチングを展開することにより徐々に調子を上げていきました。ちなみに奪った三振は4つ。

見てた感じ、ストレートは一軍の選手に対して詰まらせていたため普通に通用してましたね!

今後のピッチングが楽しみです。

一方の打線は1回に大田選手の12号ソロで先制し、1-1の2回に西川選手のファーストへのラッキーな適時打(どちらかと言うとただのバティスタ選手のミス)で勝ち越し、その1点のリードを必死の投手リレーで守り切りました。

一方の広島は打線がつながりを欠いた印象でした。交流戦に入ってからチーム打率が急降下しているため、今後がとても心配です。。。

以下に、試合詳細を記します

本日の試合結果

チーム
広 島
日ハム

 

【広】●大瀬良(6勝3敗)(8回完投)

【日】○吉田輝(1勝0敗)、H井口、H公文、Hロドリゲス、S石川直(1勝2S)

【本】大田12号(日)

 

 

スポンサーリンク