【軽率】二階「子供を産まないのは勝手な考え」

みなさんこんにちは!

久しぶりにCLANNADを見て相変わらず泣かされている泣き虫ブロガー、NoWayです^^

特に、文字通り命がけでうしおちゃんを産んで、命のバトンをあのシーンといったらもう・・・

是非、皆さんも見てくださいね。クラナド。

そんな最中、なぜか僕はこの胸糞悪い発言を思い出していたのです。

時は去年の6月26日に遡ります・・・

スポンサーリンク


子供を生まないのは勝手?

何をもって人生の幸せとするかは人それぞれです。「結婚して子供を生むのが幸せ」という生き方だけでなく、独身でいたり、結婚しても子供をもたない選択だってあっていいでしょう。

しかし、冒頭で紹介したクラナドのヒロインである渚ちゃんのように子供を産んでそのまま死んでしまうような場合だってあります。
何を言いたいのかというと、子供を産むのって簡単なことじゃないのです。人生における重大な決断の一つに挙がるほどのことなのです。

このことについて、僕が思い出してしまったのは自民党の二階俊博幹事長が2018年6月26日の講演で発した胸糞悪い発言です。

どんな発言をしたかというと、二階幹事長は少子化問題について話題になったときに

「このごろ、子供を産まないほうが幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる」と発言したのです。

どう思います?この発言?すごく身勝手で軽率な発言だと思いませんか?

子供を産むことで国が豊かになるとの考えのようだが、言い換えれば、「産まない」という選択をした人は「日本の繁栄を考えない勝手な人」ということなのでしょうか。

また、同氏によれば貧困問題についても「食べるのに困るような家はもう今はない。今晩お米が用意できないという家はない。こんな素晴らしいというか幸せな国はない」と持論を述べたようだ。

じゃあ生活保護を受けているシングルマザー家庭、ホームレスの人々、浮浪者のおっさん、変態k・・・

これらの人々はどうなのでしょうか?政治家のトップがこのような軽率な発言をしてしまうあたり、この日本という国のレベルが下がっているのだな、と強い憤りを感じました。

「子供がいることだけが幸せじゃない」

不適切な発言ととられかねない二階幹事長のこの発言は、ツイッターやガールズちゃんねる上では「幸せは自分で決める」「自分は出産したことないくせに」と批判が相次いだ。

・子供いる事だけが幸せではないだろ

・勝手ってなに。産めよ育てよの時代は終わって自由に生きれる時代になったんじゃなかったの

・出産の経験もないのになんでそんなことが言えるんだよ

・結婚して四年の30歳ですが、子供産むつもりありません。仕事が楽しいし夫との趣味で忙しい。自分の思想を当たり前のように喋らないでよ、政治家でしょ?

当然の如く大炎上しましたね。

「欲しいだけ産める世の中にしてくれ」

また、「産みたい」と思いながらも経済的理由などから子供をもてないというこんな声もあがりました。

・産みたいと思ってはいますが結婚できないんです!

・すみませんね、不妊治療頑張ってるんですけどね! なんせ費用がバカ高いもんで!

・私も産めるなら産みたいよ 2人3人じゃなくていいから1人でいいから産みたい。けどそれが出来ない人もいるんです

・子供育てるお金あったらまだまだ産みたい! 欲しいだけ産める世の中にしてくれ

このような視点の意見は女性ならではの意見ですね。勉強になります。

おわりに

皆さんはこの騒動についてどう思いましたか?
是非コメント欄にてご意見を頂けますと嬉しいです!
僕は、とりあえず二階幹事長にはCLANNADを全話一気見してほしいと思いました。(小並感)

 

スポンサーリンク