【ただの偏見】300円を持参して170円のパンを購入→文系と理系でおつりの計算が違う!?

皆さんこんにちは!

理系感皆無の理系大卒ブロガー、NoWayです!

何か面白い話題は無いかなぁ。。とSNSを眺めていたところ、

”300円を持参して170円のパンを購入。そこでもらう、おつりの計算が文系と理系とで違う!?”という最近話題となっているツイートを見つけましたのでご紹介します。

スポンサーリンク


おつりの計算が文系と理系とで違う!?どゆこと!?

こちらが話題のツイートです。

投稿されたのはTwitterユーザーのあるしあ@7ibxさん。

Q.ある日300円を持ってコンビニにパンを買いに行きました。 170円の焼きそばパンを買った場合のおつりは幾らでしょう
理系「130円」 文系「30円」
これは面白い

— あるしあ (@7ibx)

どういうことなのか?と次のツイートを見てみると…。

理系「300-170=130。つまりおつりは130円だ。」
文系「300円を『持って』買いに行っただけであって支払う際に300円を出すわけがない。つまり答えは30円だ。

— あるしあ (@7ibx)

なるほど…そういう理屈ですね。ちなみに私NoWayがこの問題を見て即座に出した答えは130円でした。この答えの違いを文系・理系と区分するのもなかなかユニークです。

間違ってもしょうもな!!!などと言ってはいけません^^

世間の反応

寄せられていた答えは、130円と30円に分かれていました。こちらは130円と考えた方々の声。

・へー、私130円って悩まず思ったけど、そうか30円…そういうことか…

・何で30円?って思ったら”お釣り”か!!!文型頭柔らかいな!!!!

中にはこのような意見も。

・視認性優位なら130円。実生活に則したら30円。つまり理系は視認性優位。アート系も理系と同じとされる理由。

どこに優位性をもっているかという視点ですね。また、文系・理系で区分されるものではなく、どちらも理系とする考えや、ちゃんとした理系なら…という前提での意見も。

・理系と文系にわける意味がよくわからないけど、少なくともちゃんとした理系なら、「設問が説明不足なので(支払い時にいくら出したかの説明がない)、解答不能」と答えると思う。

なるほど、理系→数学的 文系→現実的ということですか…。

その他にも、さまざまな声がこのツイートに対して寄せられています。

・共通の300円で買える食券や300円まで買えるお祭り用の金券ならお釣りは0円という可能性も別の意味でお釣りなし!

・パンを買いに行く前にその300円を全て音ゲにつぎ込んだのでパンは買えませんでした

 

おわりに

・・・これただの偏見ですよね?w

文中でも言ってる人がいましたが、これ文系理系でくくれる話じゃない気がしなくも・・・ありませんが。。

でもまあ、即座に30円とする人。130円とする人。一歩引いて冷静に問題を捉える人など、人によって考え方の違いがはっきりと出て面白い話題ですよね!酒の席で役に立ちそうです^^

文系・理系と区分することで、より聞き手が興味を持ちやすくしているあたり、このツイートのツイート主は話術のセンスがありそうですね!

あとひっかけ問題的な要素もありそう?ですので、なぞなぞの一つとして出題しても面白そうですね。

スポンサーリンク