【結婚】既婚者に聞いた!結婚において「本当に大切にすべきこと」3選

皆さんこんにちは!

アラサーブロガーNoWayです!!いよいよ僕も年齢的にアラサーですよ!!笑えないですよ!!

僕と同世代のアラサーのみなさんは、結婚相手に求める条件は何ですか? これだけは譲れない! と思うことがいくつかあると思います。ですが、本当にそれって必要なのでしょうか。

雰囲気エロ雑誌で有名(?)なan-anが面白い特集をやってたので今回は皆さんにそれを共有しようかなと思います!

既婚者にリサーチして見えた “結婚の現実”、リアルに大切なものはこの3つです。

一体何なのでしょう^^?早速見ていきましょう!ヒェアウィゴッ!!

スポンサーリンク


結婚の理想と現実って?

今回の調査内容は、ananweb 編集部様よりお借りします。

将来の旦那さんは、イケメンで優しくてお金持ちで……なんて淡い理想を抱いている女性は数知れず。長く連れ添うであろう相手だからこそ、期待は高まるばかりですよね。しかし、現実はどうなのでしょうか。

Q.あなたが結婚した相手は昔から理想のタイプとしていた男性ですか?

引用:ananweb 編集部anan総研調べ

anan総研の既婚者メンバーにアンケート調査を実施したところ、ほぼ半数の女性が理想の相手と結婚したという結果となりました。が、裏を返せば半数の女性は理想ではなかった相手と結婚に至ったということ。なぜか結婚できない~なんて悩んでいるそこのあなた!ついつい理想が高くなってしまっていないでしょうか。そこでanan総研既婚者メンバーへのアンケートを元に、結婚したい女性が大切にすべきこと3選をご紹介します。

結婚に向けて大切にしたいこと

その1:イケメンにこだわらない

そうなんです!!!私NoWayみたいな男を選ぶのが正解なんです!!

まずはこれを見てください。

引用:ananweb 編集部anan総研調べ

このグラフ、実は既婚者のみなさんが独身時代に結婚相手に求めていたポイントなんです。圧倒的一位は “ルックス”! 確かに、誰しも自分好みのルックスの男性と交際したいものですよね。しかし、既婚者からはこんな声が……。

「イケメンで、なんでも揃ってる人なんて本当にいません。今の旦那は元彼と比べかっこよくはないですが、優しくて毎日を穏やかに過ごせているので結婚向きだと思う」(28歳・事務職)

「昔はイケメンが一番の理想でしたが、実際に結婚した相手はイケメンというよりユーモアに富んでいるひと。毎日楽しい結婚生活を送れています!」(31歳・営業)

そうです、結婚に大切なのはルックスではありません。白馬に乗った王子様など迎えにこないということを肝に銘じておきましょう。(笑)

その2:セレブ生活を望まない

欲しいものを我慢せず買って、大きな家でセレブ生活をさせてくれるような男性と結婚するのが夢! な~んて甘すぎる幻想を抱いてはいませんか。 もし図星であるなら考え直してください。

「昔は、頭が良くてお金持ちで~と、楽で幸せな嫁になりたかったですが、実際は、平凡な幸せを求めて平凡な人と結婚しました。でも、1番幸せです」(29歳・その他)

「収入で旦那を選ぶと絶対失敗します」(29歳・事務職)

既婚者は語ります。(笑) それに、みなさんテンプレートのように口を揃えて言うのが「お金のある男は遊ぶ」ということ。いくらお金があっても、女遊びに走られては困りますよね。お金も大切ですが、そこを重視しすぎるのは良くないかもしれません。

その3:最後はやっぱり価値観!

私も彼女と同じ料理食べて「おいしいね」と言い合いたい。そう。それだけでいいんです。それ以上望むものは無いんです。。。

さてさて、横道それてしまいましたね。失礼いたしました。それでは一番気になる既婚者のみなさんが結婚後に最も大切だと思ったこと、それは……?

Q.結局、結婚で最も大切なものはなんですか?

引用:ananweb 編集部anan総研調べ

ダントツ1番は、半数の人が答えた “価値観” という結果になりました。加えて、気がついた人はいるでしょうか? 既婚者たちが結婚前に最重要視していた “ルックス” がまさかのランク外なのです! なんだか説得力がありますね。よく離婚の原因として耳にする価値観の相違ですが、そのなかでも絶対に外せないのがお金と食の好みだそうです。確かにこの二つは生活の柱となりますし、妥協は厳禁です!

おわりに

つまるところ素の自分を見せて付き合える人が運命の相手なのかもですね。

どうでしたか? 最後に、幸せな結婚生活を送る既婚者からアドバイスをいただきました(嫉妬)。

「自分を偽りなく見せてください。結婚はこれからの人生長い時間一緒にいることになるので、無理をしていては辛くなる。付き合っている時から、ある程度自分の気持ちや嫌なことなど伝え歩み寄れる人と一緒になるのがいいと思います」(31歳・その他)

ん~、心に響きますね(嫉妬)。あれもこれもと男性に求めるのではなく、自分を冷静に見つめなおし、新たな出会いの機会を広げてみてください。

私もそろそろ結婚相手見つけないとですね・・・

読者の皆様もお互い頑張りましょうね^^

スポンサーリンク