【感動】動かなくなっていた子猫を見つけ、自宅に連れて帰った犬。絆の物語

皆さんこんにちは!

今回はワンちゃんと子猫ちゃんの心温まるお話を見つけてきたので皆さんにご紹介しようと思います!さ、前置きはいいからさっさと本編に参りましょう、ヒェアウィゴッ!!

スポンサーリンク


動かなくなっていた子猫を見つけ、自宅に連れて帰った犬。まるで我が子のように育て、3年が経つと・・・(*´ω`*)

イギリスにはずれの街に住むリアさんという方がご紹介してくださったお話しです。

3年前、リアさんが愛犬の『オピー』君と散歩していると、突然オピー君が何かを発見し、リアさんを引っ張り始めました。

それが、こちらの子猫ちゃんでした。リアさんは言います

「オピーは私達の家の裏で子猫を見つけました。子猫は全く動かなかったため、私は死んでいると思いました。しかし、オピーは子猫のそばから離れようとしませんでした。」と。

リアさんは子猫を慎重に抱えました。するとオピー君が子猫を隅々まで調べ始め、子猫が生きていることを確認したのです。

リアさん「私は子猫を自宅に連れ帰った後、お風呂で全身をキレイにし、獣医さんのところへ連れて行きました。病院から帰宅する頃には、子猫の体調は随分良くなっていました。」

帰宅したリアさんは子猫のために箱のベッドを作りました。子猫はとても体力を消耗していたようで、その日の夜は1度も目を覚ますことなく眠り続けたそうです。

リアさんは保護した子猫に『ロスコー』ちゃんと名づけ、24時間の世話を始めました。また、愛犬のオピー君はいつもロスコーちゃんのことを気にかけていて、リアさんと一緒に子守りをしてくれたそうです。

そして10日後、ロスコーちゃんはついに目を開きました。ロスコーちゃんはこの時初めて、助けてくれたオピー君とリアさんの姿を見ることができたのです。

こちらが愛犬のオピー君と愛猫のロスコーちゃん

「ロスコーはミルクの後で、オピーに抱きしめられるのが大好きです。オピーもロスコーといるのが大好きで、いつもロスコーを自分のベッドに連れて行き、幸せそうに昼寝を始めます。」

どうやらオピー君は、ロスコーちゃんのことを自分の息子のように思っているようですね♪

小さかったロスコーちゃんは、日に日に大きく、強くなっていきました。

ロスコーちゃんは家の中でたくさんの友達を作りました。

でもやっぱりロスコーが一番好きなのは、ずっとそばにいてくれるオピー君なのです。ふたりはいつも寄り添いながら、楽しい時間を過ごしています。

ふたりはお互いのことを最高の家族だと思っているのです。

そして保護から3年後。
すっかり大人になったロスコーちゃ・・・いや、ロスコー君ですが、オピー君への気持ちは全く変わっていないそうです♪

こうしてオピー君に助けられたロスコー君は、たくさんの愛情を注がれて大きく成長することができました。これからもふたりはピッタリと寄り添いながら、いつまでも幸せな時間を過ごしていくことでしょう♪

という、心温まる奇跡のような実話でした^^

おわりに

いかがでしたか?こんな奇跡のような話もあるもんなのですね!

犬と猫がこのように仲良くする話って個人的に結構聞く気がするんです。

もともと本能的に惹かれあう何かがあるのかもしれませんね^^

スポンサーリンク