【雑学】実はYouTubeには超使える「隠し操作ボタン」があった!

2019年12月3日

みなさんこんにちは!

youtubeのヘビーユーザー、NoWayです!!

今回は知ってそうで意外と知らないyoutubeで使えるコマンドたちをご紹介します!

スポンサーリンク


Kで一時停止、Mでミュート、Fでフルスクリーンなど…

今回は「GradeAUnderA」という海外のYouTuberがYouTubeの隠しコマンドについて動画を投稿したところ100万回近く再生され大きな話題になったので、内容を日本語に訳して紹介したいと思います。

(1)キーボードの「K」は再生・停止ボタン。

一般的に動画プレーヤーはスペースキーに再生・停止を割り当てることが多いですが、YouTubeでスペースキーを押すと、ページが下にスクロールするのです。(そもそも私はそれすら知らなかったですがw)

その代わりに使えるのがキーボードの「K」キーです。Kキーを押すと再生、停止ができるのです!これでいちいちマウスに手をのばさずにすみますね^^

(2)「K」の両サイドの「J」と「L」は10秒の巻き戻し・先送り。

「J」ボタンが10秒前、「L」ボタンが10秒後に動画を飛ばすボタンになっているの、皆さん知ってました^^?

ちなみに、同じような機能で「←」と「→」はそれぞれ5秒前、5秒後に飛ばすボタンになっているので併せて覚えておくと便利でしょう。

(3)その他の細かい機能。「M」はミュート、「F」はフルスクリーン、「0」〜「9」は再生位置の指定など。

「M」はミュート(消音)

「F」はフルスクリーン(全画面表示)

と分かりやすく頭文字になっています。

そして、数字のキーは動画の尺を10分割して、番号に対応した位置に動画を飛ばす機能となっているのです。例えば「0」なら0/10の位置(動画の最初)、「1」なら1/10の位置という具合です。これ結構便利そうですよね^^

おわりに

いかがでしたか?これ、いつか役に立つかもしれないYouTubeの豆知識ですよね。

特に一時停止・再生のKはよく使いそうだと個人的には思いましたね。

この機会に是非マスターしてもらいたいです。それか酒の席での話題にしてもいいかもしれませんね^^

スポンサーリンク