考えたひと天才!コインロッカーにある“サービスとびら”痒いところに手が届くサービス

2020年9月26日

皆さんこんにちは!
今回は、都会でよく利用するであろうコインロッカーのあるあるを解消する素晴らしいアイデアのコインロッカーをご紹介します!

スポンサーリンク


とある都会あるあるを解決するナイスアイデアなロッカー

皆さんは荷物をロッカーに入れた後に 「あっ!カバンにスマホ入れっぱなしだ!」なんて経験ないですか??

その場合結局一度ロッカーを開け、もう一度お金を払いロッカーを閉めますよね。金と時間のダブル無駄でイライラはマックスです(怒)

しかし、このロッカーなら、便利な ”小窓”(サービスとびら)が付いているのです!!

↓コチラ

出典:https://t.co/31hud2MQ0d
この小窓は、一度ロッカーを開けなくても中の小物を取り出すことが出来るんです!
この小窓があれば、閉めた後に何度も中身を出し入れできるんです!
財布だってしまえるんですよ!これは本当に便利ですね!

Twitterでも話題に!

こういうコインロッカーが欲しかった!

— 内藤時浩 (@tokihiro_naito)

 

利用者の立場に立ったサービス、を絵に描いたようなナイスアイデア。

— 猶予をいただきたい (@revin666)

 

あああこれは!!これはありがたい!!以前コインロッカー(500円)に荷物を入れ、鍵をした後にロッカー内に入れた荷物の中にスマホを突っ込んでいたことに気が付いて泣く泣く取り出してもう一度500円支払ったことがあるのでこれは便利だああ

— 馨夏 (@keika4213)

 

これ初めて見たのはテイネだったかな…。
ハイランド1階外とオリンピア2階の休憩所のロッカーについてて、全力滑走前にカメラやモバイルバッテリー、でかい財布なんかを一時的に入れておくのに便利だった。

— Bukko@次は幕張マジカルミライ? (@Bukkosan)

便利でいいなーと思ったけど、小窓の方が少し斜めになってるのはどういう理由なのかが気になって仕方ないw

— お見積り@トラック泊地 (@kai_grayshblue)

雨降りなのに折りたたみ傘を出し忘れたままバッグをコインロッカーに閉じ込めたことがあった。あのときこのミニドアがあれば事無きを得ていたはず。すばらしいアイディアだと思う。でも、なんでこのミニドア、斜めなんだろう……?

— Perrier (@PerrierUnholy)

これは便利だ!と言う声が多く見受けられますが、どうやら「小窓がどうして斜めなのか??」というのが気になる人も多いようですね。それにも実は理由があるんですよ!

小窓が斜めなのはこんな理由!

【結論】サービスドアを開けるとこの傾斜のために開きっぱなしになる→鍵をかけないとドアが閉まらない→鍵かけ忘れ防止かって事に。ちなみに販売会社によると200円の通常ロッカーに300円でこれを設置しても稼働率はほぼ変わらなかったとか。— buzzhead (@buzzzz1970) 

なるほど!考えられた形なんですね!!

このロッカー、主にスキー場等で活躍しているそう


スキー場のコインロッカーはこれだとすごくいいですね!!

小物を出し入れできるので、滑る時には全てロッカーに入れていても、食事や休憩の時だけ取り出すことも可能!!

ロッカーの扉(親扉)に、子扉を設けたシンプルな構造ですが、ロッカー(親扉)を施錠したカギで子扉だけを解錠し、そこから小物を出し入れして再び施錠する事ができます。嬉しい事に子扉は何度でも開け閉め自由です。

お帰りの際には親扉にカギをさし、解錠すれば、バッグ等大きな荷物が取り出せます。

このロッカーは本当に便利ですね!

利用者の側に立った素晴らしいデザインですね!!

これはぜひ多く導入されてほしい。もし、100円高かったとしても、これはこれで需要があるはずなので、今あるロッカーの一部をこのロッカーに替えていただけるとありがたいですね!

コインロッカーをお持ちの施設は変更を検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク