仮想通貨激熱コイン、草コインの買い方

2020年9月26日

めっちゃ遅くなりましたが、みなさん明けましておめでとうございます。今年もいろいろ記事書いていくのでよろしくお願いしまっす!

スポンサーリンク


仮想通貨ってビットコインだけじゃないの!?

前回の記事で、仮想通貨がアツい件について書きましたが、今回は最近の情報を共有していきたいと思います。

 

仮想通貨には、いろんな通貨があります。

人気な通貨(ビットコインとか)なんかは、常に世界中の投資家が目を光らせ、皆注目しています。

しかし、ビットコインのように、将来とんでもなく注目を浴びるかもしれない可能性を秘めた、出たての新米コインがゴロゴロ世に転がっているのです。これを通称「草コイン」と呼びます。

今でこそ、ビットコインであれば1コイン当たり180万円くらいになっていますが、この草コインは1コインあたり1円とか10円とかで買えてしまうのです。

なぜこの草コインがアツいかというと、例えば、1コインあたり1円の時に10万円でコインを買ったとします。

このコインが何らかの好材料で爆上がりし、1コイン当たり100円になってみてください。

単純に100倍になるので、あなたの資産が1000万円になります。

正直スロットとか競馬とかFXとかアホらしく感じてしまいます笑

ビットコインで100倍を狙ったとすると、1ビットコインあたり1億8000万円です。まずそんなに上がるとは到底考えにくいですよね笑

ビットコインだって最初は1円にも満たなかったのに、今では180万ですよ。

そうしたら、1円が100円になる通貨に目を向けたほうが断然いいです。

 

ということで、今買うべき草コインと買い方について解説していきますよ~。

 

どういう流れで買うの?

前回の記事【今激アツ!仮想通貨の始め方】で開設した取引所、「bitFlyer」と「Coincheck」では草コインは取り扱っていません。

草コインは、海外の取引所で買うことができます。

なので流れとしては、

ステップ(1) 海外の取引所に登録する

ステップ(2) 「Coincheck」から海外の取引所に送金する

ステップ(3) 海外の取引所から草コインを買う

の3ステップになります。

それでは1つ1つやっていきましょう。

 

ステップ(1) 海外の取引所に登録する

海外の取引所でおすすめなのは、Binanceです。

海外の取引所は日本の取引所に比べて簡単です。

下のリンクからBinanceのページを開きます。

Binanceのホームページにアクセス

 

パソコンの場合

まず画面右上の「登録」をクリックします。

 

スマートフォンの場合

画面右上の「Register」をタップします。

 

するとこんな画面が出てくると思います。

上からメールアドレス、パスワードを入力していきましょう。

パスワードは、以下の条件を満たさないと登録できないので注意しましょう。

    • 8文字以上
    • 英数字
    • 必ず大文字も入れる

 

登録すると、以下のメッセージ(スマホだと英語)が表示されるので、メールを確認します。

 

【Binance】Confirm your registrationというタイトルでメールが届くので確認して、「Verify Email」をクリック(もしくはタップ)してください。

 

Binanceにログインする

まずは下記のBinanceのページをブックマークしておきましょう。

Binanceのホームページにアクセス

 

画面右上のログインからログインしてみましょう。

こんな画面が出るかと思うので、登録時入力したメールアドレスとパスワードを入力します。

 

すると次にみんな画面がでてきます。

下のスライダーをクリックしながら右にドラッグして、赤〇の位置に合わさるように配置します。

ずれたりするとダメって言われるので、ある程度正確にやりましょう。

 

2段階認証を設定

初回起動時に以下のメッセージの画面が出てくると思いますので、「Google認証」というのを設定しておきましょう。

(設定することによりログイン時面倒になりますが、海外の口座ですし、最近はコインのハッキングで盗難があったりするので、セキュリティを強固にする2段階認証は設定しておくことを強くお勧めします。)

 

画面に出てくる手順に従って「Google Authenticator」というアプリを、お手持ちのスマートフォンにインストールしましょう。(この手順の画面は後でQRコードを読み込むのでそのままに)

インストールが終わったら、「Google Authenticator」を起動して、「バーコードをスキャン」を選び、先ほどの画面のQRコードを読み取りましょう。

すると、6桁の数字が表示されるので、その数字を「二次検証コード」の入力欄に入れて、「確認」を押します。

Google Authenicatiorの6桁の数字は、一定時間経つと数字が変わるのでご注意ください。確認を押すと、ログイン画面に遷移します。

 

以上でBinanceに登録が完了しました。

 

ステップ(2) Coincheckから海外の取引所に送金する

送金するにも、日本円をそのまま海外に送金することはできません。

一旦日本円をCoincheck等で仮想通貨に換えてから送金する必要があります。

 

送金先を把握する

まず送金する際には、送金先の口座番号が分からないとなにもできません。

仮想通貨にも実際の銀行と同じように、取引所のアカウントごとに口座番号のようなものが割り当てられています。

先ほど登録したBinanceの自分の口座番号を把握しましょう。

まず、バイナンスのサイトにアクセスします。

画面上部右側の「資産」から「貯金の引き出し」を選びます。

するとこんな画面になるので、入金したい通貨、ここではイーサリアム(ETH)の右側にある「預金」を選び、出てきた「ETH 預金アドレス」があなたの口座番号になります。

イーサを選んでいる理由は、ビットコインより手数料が安いからです。

 

この預金アドレスをコピーしておきましょう。

 

Coincheckから送金

bitFlyerからも送金できますが、ここではCoincheckの送金方法を書きます。

まず、コインチェックのサイトにアクセスしましょう。

画面上部の「ウォレット」→「コインを買う」→「ETH」と進みます。

ここで送金したい希望の金額になるように、数量を入力します。

常にレートが変動するので、きっかり1万円を送金というのが難しいですがそこは頑張ってください笑

 

購入が完了すると、「コインの購入履歴」というところに反映されます。

 

次に、「コインを送る」→「Ethereumを送る」→「送金先リストの編集」と進みます。

「新規ラベル」には、今回はバイナンスなのでBinanceとでも入れておきましょう。

「宛先」には、先ほどコピーしたBinanceの預金アドレスを貼り付けましょう。

間違えると大事な資産が吹っ飛ぶ可能性があるので注意してくださいね!!

 

そしたら、宛先を今登録したものにし、「金額(ETH)」を入力します。

もし全額送金したい場合は、「送金可能額(ETH)」から「手数料(ETH)」の金額を引いた値を入力しましょう。

入力したら「送金する」ボタンを選択します。

 

送金すると、画面下の「コインの送金履歴」という欄に現在のステータスが表示されます。

ステータスが「手続き中」の場合は少し時間がかかるかもしれませんが、気長に待ちましょう。

(遅れるときは2日とか平気でかかります…)

 

あとは待つだけ…

あとは、Binanceの口座に反映されるまで待ちましょう。

時間が掛かる時は不安で仕方ありませんが、僕は今まで最長着金まで2日かかりました。着金しなかったことはないです。

 

ステップ(3) 海外の取引所から草コインを買う

まず、Binanceのサイトにアクセスします。

今回はイーサ(ETH)を送金したので、トップページの「ETH Markets」を選択します。

 

次にお目当ての銘柄を選択しましょう。

 

するとチャートの画面が出てくると思います。

その下に画像のようなパネルが表示されるので、上部タブの「Limit」「Market」「Stop-Limit」から注文方法を選択し、購入します。

注文方法について簡単に解説します。

 

初心者向け「Market」

「Market」(成行注文)はシンプルに、今の価格で注文します。

数量だけ入力して、購入ボタンを押しましょう。

この数量ですが、何イーサ購入するという選択はできなくて、購入する銘柄をいくつ買うかという換算になってしまうので分かりづらいです。

なので下の「25%」「50%」「75%」「100%」が分かりやすいです。

これは、今保有しているイーサの何パーセントを入れるかというボタンで、自動的に換算してくれます。

全部かけたいのなら「100%」を選択して購入。半分だけかけたいのなら「50%」を選択して購入、という具合です。

 

中級者向け「Limit」

「Limit」(指値注文)は、指定した金額で注文します。

チャートの画面の左側にこんな数字のリストがあるかと思います。

これは、売り手と買い手のオーダー状況をリアルタイムに記したもので、赤の欄は「この値段で買いたいよ~」という人たちのリストで、緑の欄は「この値段で売りたいよ~」という人たちのリストです。

なので、買うときは緑の欄を見て値段を決めます。

単純にスーパーとかで買い物するとき、同じ商品なら安いもののほうがいいですよね?

なら一番安い値段で売っている一番下の、0.00009271を購入するのが鉄板です。

ですが、数量が3,319しかないので、例えば10,000購入したいとなれば、残りの6,681は買うことができず、購入予約状態になります。

じゃあいつ購入されるのかというと、次に0.00009271で売りに出した人がいたらです。

もし売りに出す人がいなかったら永遠に買えない状況に陥るので、注意しましょう。

 

上級者向け「Stop-Limit」

「Stop-Limit」(逆指値注文)は、相場価格がある金額になったら指定した金額で注文します。

購入の場合、

Stop「相場がこの金額になったら」

Limit「この金額で」

数量「この数量分の」

買い注文を自動的に出します、という意味です。

 

売却の場合、

Stop「相場がこの金額になったら」

Limit「この金額で」

数量「この数量分の」

売り注文を自動的に出します、という意味です。

 

正直この注文は、チャート分析や市場動向を知る者しか使わないので、成行と指値だけやっておけばいいと思います。

 


 

これであなたもBinanceで扱っている草コインを買うことが出来るようになりました!

 

で、今は何を買えばいいの?

当然気になるのがこれでしょうが、正直未来は誰にも読めないのでやっぱり難しいです、、

僕の知人やその先の上場企業社長の情報など、個人的にリサーチした限りでは、以下の銘柄がアツいです。

少なくとも僕はこれらに入れています。

これらも必ずしも上がるわけではないので自己責任でお願いします。

スポンサーリンク