【注意】風邪ひいてる時に筋トレはNG

【結論】風邪ひいてる時の筋トレは免疫の邪魔!白血球さんに謝れ!!!

スポンサーリンク


焦る気持ちはわかるが・・・

筋トレをしたいのに、風邪を引いてしまった。

これを読んでいるあなたは、おそらくそう思っていることでしょう。

かくいう私もまさにこの状況に陥ってしまい、筋トレしたいのに咳が止まらず悶々とした日々を送っている最中です・・・

皆さんこんにちは!NoWayです!

学校や職場でみんながこぞってゴホゴホしてるこのご時世、

筋トレ大好きな皆さんの心中は上記のような悩みでいっぱいになりさぞ穏やかではないことでしょう。

そこで今回は、

風邪を引いている時に筋トレをしていいのか?
について、解説していきたいとおもいます。ヒェアウィゴッ!!!

 

筋トレは風邪を引きやすくする!?

まず、筋力トレーニングをすることにより、

風邪がひきやすくなる状態になることを、知っておく必要があります。

実は、筋トレ直後、筋肉だけが疲弊するのではなく、体の疲労が蓄積されます。

(筋トレをはじめ適度な運動することにより、免疫力が高まると言われているでしょうが、今回は筋トレ直後の身体の疲れがピーク状態時の話をしています。)

その結果、体にどのような変化が起こるかというと、体の免疫力が落ちるのです。

免疫力は、普段、私たちが生活していく上で、ウイルスの感染を防いでくれる、大事なものです。白血球さんさまさまですね。

しかし、筋力トレーニングをすると、この免疫力・抵抗力が低下し、ウイルス感染を起こしやすくなるのです。(理由は後術)

また、筋トレ後に汗をかき、体が冷えると、さらに免疫力が低下するのです。これは筋トレにかかわらず生きている限りすべての人に当てはまることですよね。

意外なことに、ハードなトレーニングをするボディービルダーや、アスリートは風をひきやすい傾向にあるそうです。(私NoWayも初耳でした)

風邪をひかないための対策

栄養補給!特にグルタミン!

風邪をひいてしまったらもう対策もクソもないのですが、予防する方法を先にお教えしておきます。対策としては第一に栄養補給です。ハードなトレーニングを行った後には、グルタミンなどのエネルギー補給をしっかりと行うことが重要になります。

グルタミンとは皆さんの体に一番多く存在するアミノ酸で、体内の全遊離アミノ酸中60%を占めている重要なものです。

そのグルタミンは本来、私たちの体内で自然に生成されるものです。

しかし、激しい運動をするとその生成量よりも消費量の方が上回り、結果としてグルタミンが不足してします。

グルタミンが不足すると、ウイルス殺戮エージェントである白血球さんの機能が低下します。

白血球の機能が低下すると、ウイルスの免疫が低下し、風邪をひきやすくなるということです。

なので、グルタミンを補ってあげることが、大事なのです。

身体を冷やすべからず!

また、もう一つ大切な対策として体は冷やさないようにしましょう。

先程も書きましたが、体温が低下することにより、免疫力が低下します。

白血球さんのパフォーマンスを低下させないためには、やはり体を温めることです。

なので、筋トレ後は汗を拭いて、上着を羽織り厚着で帰路に就くと良いでしょう。

風邪を引いた時に筋トレしたいお・・・(´;ω;`)

我慢せぇ

ここからは、風邪を引いてしまった後の話ですが、結論を先の言うと

風邪を引いている間、筋トレは控えるべきです。

理由については、2つあります。

1、筋トレすることにより、免疫力を低下させ、結果、風邪を長引かせるおそれがあリーです・・・。

2、筋肉を小さくしてしまう原因(カタボリック)になりうる

ダメな理由1

1については皆さんは身体が疲れたら普通休みたい!って思いますよね?そしたら寝ますよね?翌日すっきりしますよね?(意味深)

それと同じです。身体も正直(意味深)で休むべき時にはきちんと休ませてあげましょう。きちんと休ませるべき時に負担をかけると休むタイミングを失ってしまうのです。

そうするといつまでたっても風邪が治らずいつまでたっても筋トレを再開できません。

ダメな理由2

2についてはカタボリックという聞きなれない言葉が出てきましたね。

カタボリックとは「身体の細胞や筋肉を分解してエネルギーを得ている状態」(=筋肉異化作用)だそうです。え、怖。筋肉を分解するとか筋トレする意味ないですよね。

人の体は風邪をひくと、体外からのウィルスに対しての防衛行為に体力のほとんどを費やしてしまうため、筋肉をつけるためのエネルギーがほぼ残らないそうです。

そんな状態で筋肉トレーニングで筋繊維を破壊をしても、筋肉を同化する(成長させる)働きが低下していますので、そのまま筋肉に栄養がいかず、細くなってしまう…という仕組みです。

つまり風邪をひいたら風邪を治すことを第一優先に考えひたすら休むべきということです。

風邪が治ったらすぐに筋トレしてもいいの?

これは、先程も書いた通り、免疫力が低下し、風邪を長引かせるため、治ってすぐに筋トレ行うのは、止めておいたほうが無難です。

では、いつ頃再開すればいいのか?

一般的には、平熱に戻り咳が落ち着いて2~3日経ったあたりから、再開するといいでしょう。

また、病み上がりの時に普段のトレーニングに戻すのではなく、軽めのトレーニングから、徐々に戻していきましょう。

また、約1~2週間程度、筋トレをしていなくても、使われなくなった筋力が、落ちることはありません。ここで調子に乗って激しいメニューを行ったらまた風邪ひきますよ。

なので繰り返しになりますが、風邪をひいている時は無理をせず、休むことを徹底するようにしましょう。

 

おわりに

超回復をさせるのも睡眠時間が重要と言いましたが、筋トレをし続けられるためにも睡眠が重要なんですね。

 

うん、もう寝る!!!

 

筋トレしたいもん(´;ω;`)

スポンサーリンク