【じゃあどうしろと】歯磨き粉は使うのは危険ゾ

2019年2月21日

いきなりですが質問です!

私たち人間の口の中が一番汚なくなるのはいつでしょう?
朝?
昼?
夜?

答えは
「朝の寝起き時」です!

睡眠中は唾液が出ずバイ菌が増殖する為、朝の寝起き時が一番汚くなるみたいですね。確かに朝一の口臭はすげぇきつかったような・・・

皆さんこんにちは!NoWayです!このような事実を突きつけられた時、皆さんはどうしますか?

歯を磨きますよね?そのとき何を使います?歯磨き粉ですよね?

ですが、実はこの歯磨き粉・・・結構危険らしいですね。正直私NoWayもびっくりです。

スポンサーリンク


歯磨きしないと・・・

寝起きに歯を磨かず朝飯として水を飲んだり食べ物を食べると…
なんと、口の中にいたバイ菌を飲んでしまいます
そして身体に入ったバイ菌が下記のような大変な悪さをしてしまうんですね…

歯磨きすると・・・

歯磨きをしないと恐ろしい疾患を引き起こすのならば殺菌のためにもますます歯磨きしなきゃ!って普通思いますよね?

ただ、一つ大事なことを忘れていませんか?そうです、歯磨き粉を使っているということです。

なぜここまで歯磨き粉をディスるのかというと、殆んどの歯磨き粉には、『研磨剤』が入っていて歯を削ってしまいます。言うなれば歯磨き粉は液体型ヤスリです。皆さんは普通自分の歯を紙やすりでギコギコ削ろうだなんて発想に至らないですよね?

ただ、皆さん無意識の内にそれに似たことを毎日やっているのですよ。

デメリット1:エナメル質削る

歯磨き粉で歯を磨くとどうなるかというと、歯の表面にある強度を保つため大切な、エナメル質という一番固くて大切な部分を削り落としてしまうのです!

エナメル質は歯の外側、表面を覆う硬い組織です。体の中で一番硬い組織ですが時間の経過と共にゴシゴシ摩耗することで内側の象牙質が露出してしまうことがあり、これが知覚過敏症状の原因になります。知覚過敏レベルでエナメル質が剥げてしまうということは虫歯菌などのばい菌が血管に入り込んでしまう原因になりかねませんよね?あとは前項で示した通りです。

デメリット2:良い細菌を殺す

もう一つでデメリットがあります。それは和食などに多く含まれている”うまみ”の素になる麹菌、乳酸菌、酵母など体にとって良い細菌まで殺してしまうということです…。

歯磨き粉後に食べ物を食べると味が変わるのはこれが原因らしいです。

とある歯医者さんが
歯磨き粉を溶かした水の中に金魚を入れ、どうなるかという実験をしたそうです。

結果は金魚が2~30分で死んでしまったそうです…

そして残念なことに子ども用の歯磨き粉も同様に金魚さんが天に召されてしまったそうです…
怖いですね…水に溶かすだけで魚が死ぬようなモノを私たちは毎日口の中に入れ、唾で溶かしているのですね。

じゃあどうしろと

歯磨き粉の中に入っている成分を確認することは、とても大事だと教わりました。

では、皆さんが使っている歯磨き粉は大丈夫ですか?・・・と言いたくなるのですが、現実問題歯は口臭ケアのエチケットの為にも磨かざるを得ないですよね。。

皆さんならこの記事を見たうえで、歯磨き粉とどう付き合っていきますか?ぜひコメント欄にてご意見ください。宜しくお願い致しますm(_ _)m

スポンサーリンク