【NoWayEnglish】代名詞

2021年2月26日

皆さんこんにちは!

NoWayです!

本日も英文法の勉強をやっていきましょう!

今日のテーマは代名詞です。この代名詞って言葉を聞いてもなんのこっちゃ?ってなりますよね笑

日本語で作られた分類の為の言葉はぶっちゃけどうでも良いので、これから出てくる英語たちに全神経を注いでいきましょ!

習うより慣れろです!

さ、参りましょう!

スポンサーリンク


第11回:代名詞を会得すると書けるようになる例文

【代名詞を会得すると書けるようになる例文

1:僕の友人は新潟出身だ。
→ My friend is from Niigata. 

2:お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの
→ Yours are mine, mine is mine.

3:ジョージ先生私に英語を 教えてくれます。
→ Mr. George teaches me English. 

代名詞とは

名詞の代わりとして人や物などを指し示す働きをするのが代名詞です。

The boy is running. He is my friend.
Heは、前の文の The boy を指し示しています。このHeが代名詞です。ちょっと難しいですかね?大丈夫です!そんなに難しく考えなくてもできます!

人称代名詞では、「」を表す場合でも文の中での働きによって異なる単語があり、 文の中で主語になるものを「主格」目的語になるものを「目的格」名詞の前について所有を表すものを「所有格」といいます。ですが、この〜格ってやつの名前は覚えなくて良いです!!

なぜなら、日本語でいうはがのにをがこいつらなんで!

はがのにを?なんのこと?って思いますが、この後の記事を見ればわかります!音読しまくって感覚で覚えましょう!

例えば

Istudy English after dinner.
夕食後に英語を勉強する。 → I は主語になってるから主格


Kenji always helps me.
ケンジはいつも助けてくれる。 → meを助ける目的を果たすから me は目的格


This is mycomputer.
これはコンピュータです。 → computerという名詞の前につくから my は所有格

・・・はがのにを、なんとなくわかってきたでしょう?w

主格

主格文の中で主語になる代名詞を主格といいます、日本語では「〜は、〜が」にあたります英語の肯定文では主格の主語は文頭にきます。

主格の主語っていうのは例えば、

私は → I

あなたは → you

彼は → he

彼女は → she

それは → it

私たちは → we

あなた達は → you

彼らは・彼女らは・それらは → they

結論、『〜は、〜が』って日本語で主語をイメージしたら、その主語は即文頭へGOです!

使用

私は音楽が好きだ。
→ I like music. 

彼女は北海道出身だ。
→ She is from Hokkaido. 

私たちは放課後サッカーをする。
→ We play soccer after school. 

あなたはテレビを見ますか。
→ Do you watch TV? 

所有格

名詞の前について日本語で「〜の」という意味を表します。
単独では使わず、必ず名詞とセットで使います。

例えば

私の → my

あなたの → your

彼の → his

彼女の → her

それの → its

私たちの → our

あなたたちの → your

彼らの・彼女らの・それらの → their

※ 所有格は必ず名詞とセットで使います。(単独では使えない)
my father, your book, their countryなど

結論、『〜の』って日本語で主語をイメージしたら、大体その主語は、そいつのモノである名詞と一緒に文末へGOです!

所有代名詞

ちなみに先ほど申し上げた 所有格+名詞 って所有代名詞っていうみたいです。この日本語は覚えなくて良いです。 日本語では「〜のもの」として訳します。ジャイアンかな?

例えば

私のもの → mine

あなたのもの → yours

彼のもの → his

彼女のもの → hers

私たちのもの → ours

あなたたちのもの → yours

彼らのもの・彼女らのもの → their

使用例

・これはわたしの自転車だ。
→ This is my bike.
  

あなたのお兄さんはとても背が高い。
→ Your brother is very tall.  

・ケンは私たちの先生を知っています。
→ Ken knows our teacher. 

・この自転車は私のものです。(このときのmine は my bike を表している。)
→ This bike is mine. 

お前のもの俺のもの俺のもの俺のもの
→ Yours are mine, mine is mine.

目的格

文の中で目的語になる主語がこれ。日本語にすると「〜に、〜を」と訳します。

例えば

私を(私に) → me

あなたを(あなたに) → you

彼を(彼に) → him

彼女を(彼女に) → her

それを(それに) → it

私たちを(私たちに) → us

あなたたちを(あなたたちに) → you

彼らを・それらを(彼らに・それらに) → them

結論、『〜に、〜を』って日本語で主語をイメージしたら、大体その主語は、動詞の直後か文末あたりにGOです!

使用例

・ユミは私たちを知っています。
→ Yumi knows us.  

グリーンさんは私に英語を 教えてくれます。
→ Ms. Green teaches me English.  

人称代名詞の表

今まで学んだことをまとめるとこんな感じになります。学生時代に一度は見たことあるんじゃないですか^^?

(主格)(所有格)(目的格)(所有代名詞)
〜は〜の〜を、に〜のもの
Imymemine
あなたyouyouryouyours
hehishimhis
彼女sheherherhers
それititsit
私たちweourusours
あなたたちyouyouryouyours
彼ら
彼女ら
それら
theytheirthemtheirs
この表を覚えるっているよりは、それぞれの例文を音読しまくって、勝手にこの表の中身を取り出せるようになるように練習するのが良いかもですね!

おわりに

スポンサーリンク